日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


生命体のすばらしさに接して
 越後谷 徹
 人体解剖学実習を始める前の緊張感や恐怖心などは、それを行う期待感により大分抑えられていたと思う。歯学部に入学したときから人体解剖学実習は、大きな目標および通過点としてとらえていた。また、先輩達から聞く話で不安になることもあったが、その期待感は人体解剖が近づくにつれて増しているように感じた。そもそも生物、やがては人体に興味をもったきっかけは受験勉強であった。選択した科目である生物の成績が上がるにつれ生命自体に深い関心をもった。一般には、非現実的である人体解剖が、なぜか解剖用ゴム手袋を購入した時に現実に始まりつつあるのだと感じた。
 黒いシートに被われた解剖体を前にして解剖学実習は始まった。黙祷をささげながら献体をされた方々の人生がどのようなものであっただろうかと考えていた。実習は皮剥ぎから始まり、脂肪の多さに驚くと同時にきれいごとだけでは済まない医療の厳しさを感じた。私は、歯学の中心となる頭頸部ではなく胸部と上肢を担当することになったが、得るものは大きかった。全身にはりめぐらされた神経が脊髄に集まり、脳の支配を受けている。自分の目で体の成り立ちを確認でき、メスを持つ自分の手が動く仕組みを理解できた。また、各臓器を直接手に取りその重さを感じ、目で見ることにより複雑な機能をもつ臓器に驚嘆した。特に心臓からは太い動脈が伸び、教科書では感じられなかった力強さがあった。生命の不思議に驚く毎日であった。
 残り数回で終了する人体解剖学実習であるが、最も感謝しなければならないのは、献体をして下さった方々やその御家族の方々にである。特に、無言でありながら、多くを教えて下さった解剖体のために残り少ない実習を有意義に行いたい。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から