日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

日本列島沿海における「船競漕」の存在分布調査報告書

 事業名 日本列島沿海における「船競漕」の存在確認調査
 団体名 東海水産科学協会 海の博物館 注目度注目度5


この行事の経緯については「元禄元年(1605)、管弦船が地御前神杜から宮島に帰る途中、暴風雨で転覆しそうになっていた。おりしも、近くに停泊していた阿賀(呉市)の鯛網船と、九州からの帰りに厳島神社に参詣しようとしていた“古川屋伝蔵”の船を迎えに行った江波の「伝馬船」が救難にあたった。この遭難事故を契機に、阿賀と江波から船をだすようになった。そのときの船の姿が伝統になり、今でも阿賀は“櫓”、江波は“14丁の櫂”の伝馬船を用いている」と保存会の記事にある。

 

◎中国地方 (山陰側)

 

◆鳥取県

 

1] 境港みなと祭

・鳥取県境港市

・7月第3土曜日 境港港

・境港漕艇協会

・4人乗りナックルフォア、ペーロン20〜30人 2隻 小櫂 大櫂 大鼓

・木造船

★ナックルフォアは直線300m。ペーロンは往復300m。

 

2] 後醍醐レース

・鳥取県西伯郡名和町

・7月第4日曜日 御来屋港内

・名和町町づくりフェスティバル実行委員会

・4〜5隻の伝馬船による競漕 櫓またはオール

・FPR船

★後醍醐天皇が隠岐島よりの脱出に因むレース。後醍醐天皇の役1名を御来屋新港から伝馬船に乗せ、お腰掛けの岩付近で上陸する。お腰掛けの岩前で特製の台座に乗せ替え、8人で担いで競走する。

 

3] 波止の祭り (現在はない)

・鳥取県東伯郡赤碕町赤碕

・7月28日

・赤碕神社

・木造船 数隻の和船による競漕

★古くは船団をロープで繋ぎ沿岸を御神幸した。そしてその舟で競漕があったが、今は海上パレードを行っているだけで競漕はない。これは、大漁祈願の祭りである。

 

◆島根県

 

4] ホーランエンヤ (参考行事)

・島根県松江市

・5月17日 1997年12年目に行われた。 松江大橋付近、宍道湖と中海を結ぶ水路

・櫂伝馬

★松江のホーランエンヤは12年に一回行われる。前回は平成9年。八幡神杜の大祭行事で、絢爛豪華に飾った3隻の御座船が出て、船上で華麗な剣振りの舞が演じられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
323位
(31,659成果物中)

成果物アクセス数
32,962

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年1月25日

関連する他の成果物

1.K?GPSを用いた水路測量の効率化の研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から