日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

日本列島沿海における「船競漕」の存在分布調査報告書

 事業名 日本列島沿海における「船競漕」の存在確認調査
 団体名 東海水産科学協会 海の博物館 注目度注目度5


これでは一時的なものになってしまい、やがて消滅する可能性も強く、先人たちが培ってきた技術継承には繋がりにくい。先述したように、無動力船の消滅により多くの船競漕が消滅した。そしてその実態把握は不可能である。しかし、それが調査を繰り返すことによって断片的に明らかになってきている。今後、さらに調査を繰り返し船競漕の実態を確かなものにしたい。不幸なことに船競漕など祭礼競技の記録がほとんど残っていない。しかし、高齢者たちは目を輝かしてかつての勇姿を回顧する。その意味では、かすかな証言をたよりに聞き取りを繰り返すことによって先人たちの営みを明らかにすることがわれわれの務めと考える。

(安冨)

 

7) 社会変化と『船競漕』

これまでも述べたように、船競漕が年々衰退していく原因にはさまざまな要素が考えられるが、選手の輩出母体である地域の青年集団の崩壊が主因であろう。つまり、地域から都市へ青年の流出が続き、地域から青年が減少したことである。そしてそれは単なる青年層の減少にとどまらず、地域社会の崩壊につながっていることである。

以上のような状況をふまえ、社会が大きく変化するなかでの船競漕の実情を概略述べてみたい。

船競漕を支えてきたのは、わが国では農村よりも漁村社会である。そして漁村社会は農村社会にくらべ、これまでの伝統的社会の習慣をひきついできた。しかし、高度経済成長などによる社会構造の変化は第1次産業の構造的減少をもたらし、農村とともに漁村社会を大きく変貌させた。このような社会構造の変化と漁業資源の枯渇は一気に漁村社会の衰退をもたらし、伝統的に継承されてきた船競漕文化も危機に瀕している。

漁業従事者はこれまでおよそ15才になると青年宿や若者宿と称する漁師養成組織に入れられ漁業のあり方をたたき込まれた。そして、そこで学んだ秩序は漁に出る時は船長を頭とするタテの関係であり、陸にあがれば長老を頭とするタテの関係であった。漁村社会はこうした秩序をしっかり堅持した社会であった。したがって船競漕の選手の選出も多くの場合、長老によっておこなわれることが多かった。単に腕力だけで選出するのでなく、ふだんの仕事ぶりも加味されたという。そのため選ばれることは大へん名誉なこととされ、青年らはそのために精進を重ねた。また選ばれることが1人前に認められることになり、それは大人への通過儀礼の一つであった。さらに選ばれたとしてもどの役になるかが大きな関心事であった。つまり、一般に船はカジとりをする艫櫓(艫櫂)役が最も重要であり、次に先頭でみんなの櫓(櫂)拍子とり役である。一番櫓(櫂)がこれにつづいた。これらの役に選出されることは地区の英雄として長く語りつがれたという。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
325位
(32,572成果物中)

成果物アクセス数
33,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月26日

関連する他の成果物

1.K?GPSを用いた水路測量の効率化の研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から