日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


O 環境工学の抱える諸問題

 

Q189 新海岸法の主旨とその達成上における問題点について教えてください

A189 旧海岸法では法の主旨が「国土保全」にのみありました。新海岸法ではこれに加えて「環境」と「利用」が加えられました。これ自体はよいことですが、「環境」の認識は様々であること、また「利用」と「環境」「保全」の折り合いを付ける手法についての統一的考え方について十分な議論がなされていないために、場合によってはつまみ食い的、あるいは恣意的になる恐れがあります。この点に関し多くの人々が納得のいく考え方について整理する必要があると思います。

 

Q190 緩傾斜護岸とは何ですか?

A190 直立護岸に代わって海浜地へのアクセス確保や親水性の確保を目的として造られたコンクリート性の緩い勾配をつけた護岸施設のことです。一般には1/3ないし1/4の勾配で造られています。海浜幅が十分ない場所で緩傾斜護岸を造ることは、貴重な砂浜をコンクリートで覆うことにつながります。

 

Q191 直立護岸とは何ですか?

A191 1957年に制定された旧海岸法にしたがって最も多く採用された波浪災害の防除法であり、海岸線に沿って造られたほぼ直立した護岸です。この護岸は衝立のようにそそり立つために、海浜へのアクセスが阻害されることは事実です。しかし緩傾斜護岸のように貴重な海浜地をコンクリート施設で覆うことがないという利点も有しています。

 

Q192 海岸環境整備とは何ですか?

A192 海岸法で定められた海岸事業の一種で、海岸の環境を整備し、多くの人々の利用に供するような整備を行うことです。この場合、注意しなければならないのは、環境整備と海岸保全の調整が十分取られなければならないことです。また「環境」の主体は何かについての考え方は人によって様々なので、場合によっては「環境整備」によって「自然環境」が破壊される恐れがあることです。

 

Q193 海岸保全区域とは何ですか?

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
200位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
56,767

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から