日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


Q142 国際的に湿地を守る活動が盛んなのは何故ですか?

A142 特徴的なのは、国境を超えて移動する渡り鳥が湿地を摂餌や休息場にしていることで、1つの国だけで保護しようとしても困難なことです。そのため、研究関係や市民団体などが国際的なネットワークをもって、保護や生息地の環境保全に取り組んでいます。近年では、鳥だけでなく、海岸でのウミガメも国際的な連携をとるようになっています。また、個々の地域の湿地に固有の生物の保全についても、環境計画や保護政策などについての国際的な意見や情報の交換が官学民で盛んになりつつあります。

 

Q143 専門家は海の環境保全のためにどのようなことができますか?

A143 専門的な知見を蓄積し、発表し、学術的成果を挙げることが普通には考えられることです。しかし、環境保全ということになると、その純粋研究のなかから、現実の問題に対処するための智恵や情報を抽出することも大事な役割になります。専門委員会などの学会や行政による組織的な活動もありますが、個人やグループの研究者によるボランティア的な活動(アドボカシー)も重要です。最近は、電子ネットワークが発達しているので、遠隔地の研究者と地域住民が電子メールなどで情報や意見の交換をしたり、同じ興味を共有する人達のメーリングリストなどが発達してきたので、アドボカシーがやり易くなってきました。

 

Q144 一般市民が海の環境保全のためにできることは何ですか?

A144 海に興味をもって、好きになること。それを他人にも伝えること。気付いたことをメモしたり、標本を採集して記録をとるなどの研究的活動。ゴミを捨てない、排水に気をつけるなど生活様式に注意して、環境負荷をかけないなどが考えられます。身近なことからいろいろなことが出来ます。

 

Q145 垂直な護岸は、自然界の断崖とどのように違うのですか?

A145 自然界にも断崖絶壁などの垂直に近い地形は水辺に存在します。しかし、表面を良く見るとでこぼこしています。人間がコンクリートや石で造った構造物のように、幾何学的な直線や平面でのみ構成された地形は自然の水辺には見当たりません。人工物の垂直な護岸に水が当たると、反射波といわれる波が沖に向って戻っていきます。一方、沖から岸へと次々押し寄せる波とぶつかりあって、水面がとげとげしく波立つような状態がずっと続きます。自然の水辺では、岸の地形がよりランダムになっているので、このような現象が同じ場所で続くことはありません。

 

Q146 コンクリートの構造物は水辺の自然環境に影響を与えるのですか?

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
201位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
55,865

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から