日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


Q115 脊椎動物が上陸するために必要な体のつくりや生活様式の変化はどのように進化したのでしょうか?

A115 陸上では、水がないため、えらは呼吸の役に立ちません。新たに肺を発達させる必要があります。しかし、魚のいくつかのグループでは、たとえば、肺魚のように、すでに肺を進化させていました。肉鰭類の一つです。この仲間の骨格は軟骨でできており鰭も退化してるので歩き回るのに適した体つきではありません。肺は、水中に住む魚にとっても意味のある器官です。現生の肺魚の一部は浅い、泥で濁った、酸素の欠乏した水中に住んでいます。このような環境では、水面上に頭を出して空気から酸素を取り入れることは、エラによる呼吸の補助として有効な役割を果たします。また、乾期に水が干上がるような場所にも住んでおり、肺呼吸をして乾期を過ごします。このように肺をもつことは、魚類の段階でも十分適応的な意味があるため、すでに魚類の段階で肺は進化していました。

 

Q116 陸上で暮らすために、他にも重要な進化があったのでしょうか?

A116 例えば、魚の尿に含まれるアンモニアは、大変有毒なものです。しかし魚は、水の中に住んでいるので、尿を排泄してしまえば、アンモニアはあっという間に薄められてしまうため、中毒の危険はありません。しかし、陸上で暮らす生き物は、アンモニアをより毒性のよわい尿素(両生類やハ虫類)や尿酸(鳥類や啼乳類)に変えて排泄しています。ただし、このような排泄様式の変化がどのように起こったのか詳しいことはわかっていません。

乾燥からの保護も重要な課題ですが、初期の両生類の中は、魚類型の先祖の体表を覆っていた鱗を持ち続けているものがあり、これによって乾燥を防いでいたと考えられています。ただし、初期の両生類も、現在の両生類と同様水中で卵を産んで繁殖していたと考えられ、その意味では完全には水から独立しているわけではありませんでした。

 

Q117 両生類の直系の先祖はどのようなものですか?

A117 総鰭類の中にはシーラカンスと扇鰭類が含まれます。シーラカンスは海に生きており鰭の中の骨格は退化しています。デボン紀中期以降白亜紀まで化石で見つかりますがその後は化石が見つからないので絶滅したと思われていましたが、1930年代の末に南アフリカの沿岸で生きたシーラカンスが見つかり生きた化石として一躍有名になりました。扇鰭類は、デボン紀から古生代の終わりに主に淡水に住む魚でした。そのなかにユーステノプテロンという魚がデボン紀後期に現れました。この魚は体長は60センチ程度の大きさで背骨をもち、また鰭の中には、鰭の根元に一番近いところに一本の骨が、それに続いて2本の骨が、さらにその先にはたくさんの骨が鰭の先端へ向かって放射状にならんでいます。まさに我々を含む陸上の脊椎動物の腕や足の骨格の配列と同じです。またエナメル質が複雑に入り組んだ構造の歯をもっています。これは原始的な両生類の歯と同じ構造なのです。そこで、扇鰭類が両生類の直系の先祖と考えられています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
200位
(31,548成果物中)

成果物アクセス数
56,767

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月9日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から