日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書? Q&A集

 事業名 海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基盤研究
 団体名 日本科学協会 注目度注目度5


Q104 カンブリア紀に普通に見られる化石はどのようなものですか?

Q104 プレカンブリア時代は、大変古い時代で、当時の記録も断片的にしか残っていないので復元にも想像に頼らなければならない点がたくさんありました。しかし古生代以降の地球の海陸の分布や環境については、地層の記録が世界のあちこちに比較的良く残っているため、かなり詳しいことがわかってきました。例えばカンブリア紀には6つの大きな大陸があり、いずれも赤道近くにあったことがわかっています。また、気候も一時的な寒冷期を除けば、全般的に温暖で、両極地方にも氷床は存在しなかったと考えられています。そのためカンブリア紀には、どの大陸も広い面積にわたって海水におおわれたと考えられています。この時代にはカンブリアの大爆発と呼ばれるように非常に多様な多細胞動物が生まれ、奇妙な化石も多く見られますが、数の上からは三葉虫、腕足類、そして古杯類が多細胞動物の主役でした。

 

Q105 腕足類というのはどんな生き物ですか?

A105 腕足類というのは、二枚の殻をもっていて外形的には二枚貝に似ているのですが、殻のなかには餌をとるための細かな繊毛の生えた螺旋状の、触手冠と呼ばれる器官をもった別系統の動物です。また殻の先端からは細長い肉質の器官が体の外へ突きだしていて、これで海底に固着して生活します。二枚の殻が蝶番でつながっていない無関節と類蝶番でつながっている有関節類の二つのグループにわけることができます。この二つのグループともに古生代に栄えましたが、中生代以降は衰退し、現在では細々と生き残っています。ウミホウズキの仲間が有関節類に含まれます。また、無関節類のシャミセンガイは九州の有明海などにたくさん住んでいて、みそ汁の具として利用されています。

 

Q106 古杯類とはどんな生き物ですか?

A106 古杯類は、逆円錐型、つまりコップや杯(さかずき)のような形をした殻をもった底生動物です。杯は二層構造をしています。つまり、杯の外側と内側を作る二つの壁があり、その間には隙間があいています。絶滅してしまったのでどのような動物だったのか詳しくはわからないのですが、杯の外側の壁にも小さな穴がたくさんあいていて、おそらくこの小さな穴を通り抜ける水の中に含まれる微細な食物の粒を濾過して食べていたカイメンのような生活をしていた生き物だろうと考えられています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
201位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
55,865

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「海洋科学から見る水惑星の多角的視点にたつ基礎研究」研究報告書
2.環境シンポジウム1999千葉会議 参加者募集リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から