日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

東京クワルテット 京都の夕べ

 事業名 音楽国際交流基金等
 団体名 日本音楽財団 注目度注目度5


東京クヮルテット

 

004-1.gif

 

東京クヮルテットは、世界最高の室内アンサンブルの1つである。ワシントン・ポストは「東京クヮルテットが世界最高のアンサンブルでないとすれば、いったい他のどんなグループがそうだといえるだろう。」と評した。1969年にジュリアード音楽院で結成されたが、その名前の示すようにもともと桐朋学園大学出身の日本人が創立メンバーであり、とかく海外での活動の少なかった邦人アーティストの中では輝かしいサクセス・ストーリーを築いた希有の存在と言える。その卓越した技巧と優美な演奏スタイルは称賛の的であり、クヮルテット結成以来高い評価を受け続けている。毎年、全米、カナダ、ヨーロッパ、南米、アジア、オセアニアの各地で100回を超える演奏会を行っている。

東京クヮルテットのメンバーは演奏活動の傍らイエール大学で音楽の教鞭を取っている他、シンシナティ音楽院のレジデンス・アーティストでもある。毎夏には北米、ヨーロッパ各地の主要な音楽祭に出演。1995年より日本音楽財団から貸与されている「パガニーニ・クヮルテット」として知られる有名な1セットのストラディヴァリウスを今シーズンも使用。

結成30周年を迎えた昨年、結成以来クワルテットに貢献してきたチェロの原田禎夫が退団。後任としてイギリスのクライヴ・グリーンスミスが参加。一口に30年というが、世界の一流クヮルテットで、これほど長期間第一線で活躍している事例は希少である。それほどクヮルテットの存続には困難が伴うのである。当クヮルテットも多くの変化を乗り越えて今日まで来た。1981年にカナダのピーター・ウンジャンを第一ヴァイオリンとして迎えてひとまわり大きくなり、1996年からはロシアのボロディン・クヮルテットからミハエル・コペルマンをウンジャンの後任として迎え、それを機にさらにレパートリーを広げた。現在東京クヮルテットのプログラムは、古典から現代までを網羅しており、そのことはまた他に比類のない特色となっている。

BMGクラシックス/RCAビクター・レッド・シールと専属契約を結び、数多くの録音を行っている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,926位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
954

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.Pavel Berman&加藤知子デュオリサイタル
2.平成12年度「全国生涯エアロビック教室」報告資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から