日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


イ ストレス解決の三つのR

いろいろな本にも出ていますが、3つのRという言葉があります。

休息を取ることは極めて大切なことですが、これについても詳しくは説明しませんが、後で職場不適応にどう対応するかというところでも問題になってきます。また、Active Restという言葉を見て、なるほどと思いました。前のストレス症候群の中で説明した休日神経症などとも関係してくることですが、休息というのは、じっとしていることではないのだそうです。普段していることから離れるということなのだそうです。だとすれば、休みの日に、テニスをする、ゴルフに行く、家庭菜園をするなどということは、結局は休養なのだということだといっていいようです。

別ないい方をすれば、レクリエーションということにもなるわけですが、私はどういうレクリエーションがストレス解消になるということはないのだと思います。それぞれがいいと思うことをやればいいのであって、いわば、行き当たりばったりでも構わないのではないのでしょうか。

休日には、ふだん頭を使う、神経を使って仕事をしているから、身体を動かすことが、Active Restだといっても、たまには、一日中テレビを見てごろごろしていることがあっても悪いとはいえないでしょう。余りストレス解消のためにとか構えてしまわないことも大事なことです。

よく、うつ病になりやすい人は性格的に几帳面な人が多いともいいます。実際にあった話ですが、非常に几帳面な人が、このところ仕事の面でストレスがたまってきたと自覚したところはよかったのですが、ものの本をみると、そういう時は休日に何かレクリエーションをするようにと書いてあった。そこで、休みになったので、さて何をすればストレス解消になるのかと考えはじめて、なかなか決まらない。ストレス解消のために何をやったらいいか悩んで、それがまたストレスになったというようでは、まさに本末転倒ということになってしまいます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
29,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から