日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


これは決して勤務評定などということではなく、できれば適材適所という観点での配置を考えることが大切なことです。職場の事情で必ずしも理想的にはいかないことはよく分かりますが、上司としては自分の思い込みだけで対処しないようにすることです。また、単に能力の問題というのではなく、どちらかといえば、狭い範囲での適応をもっているという職員もいます。その辺もよく考えての仕事の振り分けが、結局、職場全体としての能率も向上し、職場不適応を防ぐことになり、広い意味ではこれもカウンセリング・マインドということになりましょう。

もうひとつ極めて大切なことは、職場の中での人間関係のことです。これは上司と部下、部下と上司、同僚間などがありますが、実際にストレスとなることのアンケートでは、上司とのトラブルがハイランクであることはすでに示しました。他の人間関係の中でもカウンセリング・マインドということはないわけではありませんが、ここで一次介入として取り上げるとすれば、やはり上司の部下への対応が一番大きな問題になろうかと思われます。上司、中間管理職の立場などで、カウンセリング・マインドというのは、やさしくするようにとか、穏やかな態度とか、無理なことを押し付けないようにするとかという単純なことでないのはいうまでもありません。

 

(2) 部下や上司との付き合いについて

どういう上司がよい上司なのかということを規定することもなかなか難しいのですが、何度もいうように、一人一人の性格や人生観は異なるわけですから、確かにその違いは、良くも悪くも人間関係のひずみとなってくることはよくあることです。よほど変わった性格の持ち主はともかくとして、結局相手をよく理解できるかどうかということになるでしょう。ですから上司としては、自分の性格もよくわきまえてということも必要になります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
29,583

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から