日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


9 カウンセリング・マインドとは

 

このことについては、第1巻で詳しく述べられていますので、少しだけふれておきますが、一部の精神疾患や、神経症群に入るもの、また最近ではPTSDとかストレス反応などに対して、治療的な意味でカウンセリングを行うのが普通になっています。カウンセリングの技法はともかくとして、その範囲は極めて多岐にわたっていて、思春期の問題や一部の性格障害などにも行われます。もちろん、職場不適応とされるものもその対象となります。専門的には、カウンセラーといわれる職種の人がカウンセリングを行うわけですが、不適応を起こした人たちだけを対象とするのではなく、職場でも学校などでも不適応に陥らないためのカウンセリングということが大切だと考えられています。このことは、これから述べる一次介入、二次介入、三次介入のところと関係してきます。

カウンセリングの重要性はそれとして、また専門のカウンセラーの人たちが、いろいろな職場を全部カバーできるだけの数の問題はともかく、その前の問題として、上司などのカウンセリング・マインドという考え方、対応が職場のメンタルヘルス、特に職場不適応を起こさせないために重要だということになってきます。具体的なことは、第1巻を参考にしてもらうことにして、それではカウンセリング・マインドというのはどういうことでしょうか。

第1巻と重複するところがあるかもしれませんが、職場だけでなく社会の中で生活する人たちは、それぞれ性格も物の考え方も日常の生活への姿勢なども異なるわけです。よほど特別な性格の人は別として、このような個人個人の姿勢を尊重し理解して付き合っていくということがカウンセリング・マインドということのように思います。相手の身になって考えるということともいえるでしょう。実際には口でいうほど簡単なことではないかもしれませんが、このことが、人間関係を円滑にし、仕事の面でもよい影響をもたらし、結果的には職場不適応の発生を予防することになるということになります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
29,583

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から