日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


仕事に集中できていない。すぐに席を立つ。やたらに煙草を吸うなどの状況が観察されることがあります。

また、遅刻が多い、よく早退する。無断欠勤とはいわないまでも仕事をよく休むなど。

いらいらしている。怒りっぽい。上司の指示に従わないなど。

場合によっては、だれがみても精神症状ではないかと思われることもあるでしょう。

周囲から見て、どういう状況が問題かということは、後の二次介入というところで説明しますので、そこを参考にしてください。

直接仕事のことでなくても、上司、同僚、部下などとの人間関係の上でも問題が起こることも少なくはありませんし、これは当然、仕事をする上でも関係してくることですが…。

職場というか、人間社会の中では、いろいろな性格の人、いろいろな物の考え方をする人がいるわけで、その中で、ある程度は妥協したり、相手のことを考えたりして、生活し仕事をしているわけですし、仕事の上では、いわばチームワークを重視してということが多いと思われます。職場のストレスというところでふれたように、人と人との関係の中には「相性」というようなこともあって、うまくいかない時に、どちらか一方が悪いともいい切れないことはあるかと思いますが、職場不適応として取り上げる場合には、やはり客観的にみて、その人に問題が大きいと考えられるということになるでしょう。

その職場不適応の背景にあるものは何かというと、極めて様々なことが考えられます。

もちろん、何らかの精神病の発症によるものも数の上ではともかくとしてあり得るわけです。例えば、精神分裂病であるとか躁うつ病といったものを考えなければならないことがあります。

しかしやはり多いのは、職場の業務に関連してのストレス反応的なものや、うつ状態、自律神経失調状態などでしょうか。

職場と直接関係はないものの、家庭内での悩み、自分の病気に関する悩みなどが、精神的負担になっていることもあり得ます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
29,594

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から