日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


8 職場不適応とは何か

 

精神的不健康、精神疾患などのところでも説明しましたが、精神科の診断は一部の病気を除いては身体疾患のように検査などで、はっきりした根拠が見出せるわけではなく、職場内外のストレスの有無や生活歴を含めたこれまでの経過やインタビューした医師の経験などに基づいてなされることが大部分です。そこで、ひとりの人について、見方によって別の診断がつくということもまれではないわけです。また、確かに、精神面や行動の上で普通でないと思われても、はっきりした病気があるといえないことさえあります。

職場のメンタルヘルスを考える上では、何々病が有るとか無いとかいうことよりは、心身が健康で、つまり正常の状態で−これも何が正常かということをどう見るかということもありますが−業務に支障がないということが問題となるわけですから、逆にいえば、病気のあるなしでなく、職場内での仕事が円滑にいかない状態を職場不適応というと考えればよいかもしれません。したがって、職場内では問題があっても精神疾患ではないということも多いともいえます。

具体的にはどういう状態が考えられるでしょうか。

仕事そのものについていえば、仕事上のミスが多い。必要以上に仕事に時間がかかりすぎる。要求された内容にふさわしくない結果の出ることが多すぎるなど。

もちろん、自覚的に不調を訴えることもあるとは思いますが、どちらかといえば、周囲で気が付くことの方が多いようです。

 

061-1.gif

 

周囲から見て、仕事に熱が入らないようだ。疲れ切った様子である。仕事の能率が上らない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
29,617

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から