日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


もう一つ聞き慣れないかもしれませんが、テクノ依存症という言葉が出てきます。ひとことで言えばコンピューターが好きで、それにのめり込んでしまうような状態でしょうか。確かにパソコンは面白くて面白くてという人もいるようですし。

その場合、二つの問題があります。一つはコンピューターに関心が集中して、他人との人間関係がわずらわしくなる。コンピューターは、操作さえ正しければ自分の思うようになるということで周囲の人たちとの人間関係が希薄になる。次いで円滑にいかなくなるといった状況が起こり得ることです。これは職場の中で協力しながら仕事をしていくという点から考えると困った問題になることもあるでしょう。

もう一つは、コンピューター的な発想は、人間関係にマイナスになることがあるということでしょう。この表に書いてあるように常に論理的で完全であることを求めるということになると、人間関係はギクシャクします。講演の時、半分ジョークのように、「二人で、割り勘でお酒を飲みに行って勘定の時、5,000円なら2,500円ずつ払う、それはコンピューター的ではない。一人はビールを一杯余分に飲んだ、つまみも少し余分に食べた、だから一人は2,750円、もう一人は2,250円」ということになりませんかと。

少し極端な話ですが、ある意味では人間同士の付き合いは、灰色だったり、玉虫色だったり、あるいは外交辞令的であったりする面もあることも否定するわけにはいかないのではないかと思います。

テクノ依存症の方はコンピューターがもたらした一つの現れであって、単にストレス状態というよりは、その人その人の人間性の問題かもしれません。

コ 仕事中毒(ワークホーリック)

仕事中毒というのは、このごろは余り耳にしなくなったかもしれません。仕事以外には全く関心がないというような人がもしいれば、どこかでダウンしてしまうということでいわれたのでしょう。ライフスタイルのところでも少しふれました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
343位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
29,583

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から