日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


もちろん、燃えつき症状になったら回復しないということではありませんが、そうならないに越したことはいうまでもないことで、そこで大切なことは、表に示したようにそうなりやすいタイプがあるといわれていますので一人一人が、自覚することがまず大切です。いわゆる「気付き」です。これはストレス全般に対してもいえることで、ストレスが過剰になってきた、疲れがたまってきたなど自分で感じることが第一で、それを感じない人への対応が問題になります。

一方で、職場としては、そうならないように、対応を考える必要があるということになります。社会的な対応というところに少し挙げておきましたが、大切なことは、個人個人の性格や仕事への適応の状況などを普段からよく把握しておくことだと思われます。

このことは、他の様々な状態や、ストレス全般に対していえることで、あとで、「10 一次介入」というところで述べることにします。

イ ピーターパン症候群(シンデレラコンプレックス)

ピーターパン症候群、女性の場合はシンデレラコンプレックスというようですが、これもこのことについて詳しく説明するのが、このマニュアルの主旨ではありませんので、ごく一般的に社会的に大人になり切れない状態とでも言っておきましょうか。概して、これまでの生活が順調で壁にぶつかったことのない人が、ここでは職場に入ってからささいなことで、といっても本人にとってはささいなことではないのかもしれませんが、職場に適応できなくなったり、極端な場合はパニックに陥ったりすることがあります。事実、職場でちょっと上司にしっ責されたというようなことで、職場不適応をきたした例もあります。これは、常識的に考えれば、自分の気持ちの中で処理できるはずのもので、それが社会性を備えた人間ということになるのですが、別のいい方をすれば、精神的に健康という条件の1つに葛藤に強いことというのがありますから、そのへんの問題とも関係してきます。

この場合はむしろ、「11 二次介入」で対応することが多いかも知れません。やや、自分なりの説明になり過ぎたかもしれませんが、詳しいことを知りたい場合には、ピーターパン症候群の成書を参考にしてください。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
29,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から