日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


ア 多忙による心身の過労

忙しすぎるのがストレスになると言いましたが、疲労−過労−はストレスの大きな要因ですし、ストレスが大きいと疲れるという、行ったり来たりのことが起こってきます。

ウ 単身赴任

単身赴任のストレス度はかなり大きいとされます。人事院の研究会で、単身赴任者向けの対策のパンフレットを作ったこともありますが、そのころは多分に男性の単身赴任者を意識していたように思います。しかし女性の単身赴任というのも当然あるわけです。

これがどの程度ストレスになるかを判断するのはかなり難しいことがあります。単身赴任そのものは決して勧められることではないのでしょうし、職場としてはそうでないことを希望していると思います。ただ現実にはいろいろな事情があり、よく言われるのは子供の学校の問題や、高齢、病弱の親がいるなどということでやむを得ないことがあり得ると思われます。

男性と女性とどちらが単身赴任に対してストレスにならないかということはともかく、かなり個人差もあるようです。概して年輩者の方がストレスになるようですがそれも絶対ではありませんし、男性でも家事は余り苦にならない人もいます。また、自分の家との距離の問題で、比較的よく家族が来やすい場合と、そう簡単には行ったり来たりできない場合では違うでしょう。ただ、アンケート調査などによると比較的上の方のランクではあるようです。

エ 左遷

左遷については、特にいうことはありませんが、ただ実際にあった例では、部下の不始末の責任を問われての処遇で、もちろん、管理者、上司としての監督責任は否定できないとしても、本人に必ずしも非がない出来事ということもあり、何か釈然としないという場合もあるでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
347位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
29,698

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から