日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


以下、職場での役割に対する不満というのも、これまでに挙げたいくつかのことと、かかわりあってくることかと思いますが、これも具体的なことを挙げれば切りがないのですが、確かにそうだとは思えても、職場としてすぐにどうすると言えないことが多いのが現実でしょう。ただ、それを理解してあげるという姿勢が大切です。

将来への不安ということでは、これもいろいろな状況が考えられますが、企業などでは自分の勤めている会社の業績のこととか、いわゆるリストラの問題などもあるでしょうし、自分自身の職場内で立場や昇進にからむ事柄もあるのでしょう。また、必ずしも神経症的な傾向を持つ人でなくても、自分の性格や能力について疑問や悩みを持つ時もあるかと思います。

しかし、ここで最も大きなことは、次第に年齢が高くなって、定年が次第に近づいて来たときの心配です。これについては、第3巻の「中高年の健康管理」の中で一般的なことを含めて少し詳しくふれることにします。

次の自由時間の少ないことと言うのは、単純に言えば、仕事が忙しくて、余暇が少ないということです。これは、ストレス解消に何が必要かということと大きく関係してきます。ストレス解消の為には、仕事以外の時間に仕事と関係のないこと、いわゆる趣味にあてる時間がとれるということになりますから、逆に言えば、それが少ないことはそれがまたストレス要因になるという悪循環になります。

次の勤務状況の変化ということは、次の表に関係して述べることにします。

これらの他に、人間関係との中で、職場のいじめということは、余り表面には出ていないかもしれませんが、場合によっては大きく取り上げられることの一つになります。また最近では、セクシュアル・ハラスメントの問題も目をつぶって通れなくなってきています。この内の一部については別の章でふれるつもりです。

細かいことをあげれば、きりがありませんが、職場での喫煙のことが問題になることがあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
345位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
29,666

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から