日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


1 ストレス(ストレッサー)とは

 

現代社会は、職場でも家庭でも極めてストレスが多いと、だれもがいい、だれもが感じているようです。

それではストレスとは何かというと、ストレスという言葉を最初にいい出したH・セリエによれば、「ストレスとはもともと動物の外的な刺激に対する適応の様式」ということのようです。生体が、温熱、寒冷、外傷など有害な刺激を急に受けると、ホルモン系や自律神経系が反応し、血圧が上がったり、脈が早くなったりし、一方で何とかストレスに適応しようとします。しかし、このようなストレスが持続すると、身体のエネルギーを消耗し、胃潰瘍などの心身症といわれている症状が現れることになります。現代においては、物理、化学的なストレッサーよりも心理的なストレッサーがより重要だといわれますが、これはいいかえれば、「精神的な負担になること」といえるでしょうか。ストレスが積み重なってくると、眠れなくなるとか、集中力がなくなる、不快な気分になるなどの精神的な症状が現れ、さらに頭痛、肩こり、食欲がなくなるなどのことが現れてきます。ストレス過重のためにどんなことが起こってくるのか、詳しくは後で述べます。

ストレッサーというのはストレス要因ということで、ストレス状態を引き起こす原因になるものということで、ストレスという言葉と少しニュアンスが異なるかもしれませんが、ここではストレスということで統一しておきます。

表2にストレス(ストレス要因)をまとめてみましたが、一般にストレスというと、心理的なものと考えやすいのですが、前に述べたように、生体に対して有害な刺激ということになれば、もっと様々なものがあるわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
344位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
29,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から