日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


ところが、間もなくこの室長は他の部署の管理責任者に昇進することになりました。室長の上司であった次長が、今回のことが汚点にならないようにと動いたためというのが、社内のもっぱらの噂であったといいます。

 

「上司に体調だけでなく生活まで狂わされた部下の悩みは続く」

Tさんは、自ら希望して異動をすることにしました。「まったく新しい仕事に変わりました。通勤時間は倍近くなって体力的にはきついけれど、今度の職場の上司は理解を示してくれるので、今は、何とか早く慣れて期待にも沿いたいという気持ちでいます。しかし、次長や室長に自分だけでなく優秀な若手までの人生が変えられてしまったという無念さは今でも決して忘れることはできません。昇進のことも、2年も足踏みしてしまうとそこでストップしてしまうだけでなく降格もあるというのが最近の会社の方針ですから、自分の将来や今後の生活のことが気になっています」と話しました。

周りからは「明るくなったね」と声をかけられるというTさんですが、湿疹や不眠のストレス症状はまだ続いているといいます。

今後各職場で、賃金がコストである以上は刺激的な賃金制度を導入して差をつけていくのは当然という考え方はさらに高まるでしょう。そのことによって、一部にモラルダウンの人が出たとしても、トータルでよくなればいいのではないかといった声を多く聞きますが、Tさんの訴えたような問題を起こさないために、管理者(評価者)としての資質を問う事前のチェックも必要でしょう。また、部下が自分の評価に納得することができるような上下の話し合いが行われることがモラルダウンを防ぐポイントになるでしょう。

 

ケース3 うつ状態に陥った人への職場でできるサポート

私たちはストレスの中で生活しているから、だれでもアクシデントやかげりはあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から