日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


5 カウンセリング・マインド養成研修の方法

 

カウンセリング・マインドの研修を行うときには、相談場面の疑似体験をしてもらうというのが一番です。

ここでは、カウンセリング・マインドを養成するための研修の仕方について説明をします。

 

(1) ロールプレイを活用する

ロールプレイというのは、二人一組になってお互いがカウンセラー役と相談者役を演じてみるという方法です。

まず、はじめに片方の人がカウンセラー役になります。そして、もう方の人が相談者役として、相談を展開していきます。職場では、ロールプレイというものをしたことのない人がほとんどのはずですから、あらかじめケースを決めておいて、行ったほうがよいでしょう。

ケースはどんなケースでもかまいません。例えば、「新人がノルマに苦しんでいるケース」などと架空のケースを設定して、相談を持ちかけます。その場合は、相談者の人は、ノルマに苦しむ新人役になりきって自由に演技をするのです。

カウンセラー役の人は、共感的態度でひたすら聞き役に徹します。

このときには、これまでに説明したことを思い出しながら、進めていきます。あいづちをうったり、開かれた質問をしたり、自分なりに工夫して、じっくりと話を聴きます。相手の立場に立って行うということがポイントです。

5分程度、10分程度などと、時間を決めておいて、およそその時間が来たら相談のロールプレイをやめます。

 

(2) 役を交代してロールプレイを行う

次に、交代をしてロールプレイをまた行います。カウンセラー役をやった人が、相談者役をやり、相談者役をやった人がカウンセラー役をやります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から