日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


【観察のポイント】

・ 言語的な要素…言葉そのもの、語調、声の大小、高低、スピードなど

現れる変化→大きな声が小さくなる、ゆっくりした口調から早口になる、沈黙

・ 非言語的な要素…表情、視線、身振り、手振り、姿勢。呼吸の早さなど

現れる変化→明るい表情から突然暗い表情になる、キョロキョロして眼球の動きが速くなる、身振り手振りが活発になる、身を乗り出していたのにいすにもたれかかる

 

心の動きは、身体的な動きとして表されるものです。よく観察して相手の感情の動きを正確に読むことができれば、タイミングのよい応対ができるようになります。

2] 援助を行う

傾聴を行動化つまり問題の解決へつなげるためには、援助の方法を活用します。確かに人は語ることによって浄化され、問題が軽減することもありますが、職場では問題行動の消失や職員の活用などを目標として、面談などを行うわけですから、ゴールである面談の目標を明確にしておく必要があります。援助の方法については、下記の方法があります。

ア 「情報の提供」が相手の不安感を和らげることも

相手が正しい知識や情報をもっていないために悩んでいる場合に参考資料を提示したりして説明をしてあげたり、紙に書いたりして適切な情報を提供してあげることをいいます。

情報提供者は、知識を豊富に持つとともに適切な判断力・洞察力が必要となります。こちらが知らない事は情報として提供ができないからです。例えば、リストラの不安などがまん延しているような職場では、上司は自分の知りうる範囲での経営情報・業務情報を職場の人たちに伝えます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から