日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


閉ざされた質問ばかりしていると、会話が終わったあとに「話が思うようにできなかった」「聴いてほしいことを聴いてくれなかった」という印象が残ってしまいます。プライバシーに関するような事は、閉じた質問で感触をみるのもいいでしょう。相手が嫌がる質問は、後回しにしてもっと信頼関係を深くする必要があります。

・ 選択的質問

いくつかの選択肢を示して、相手に選択してもらう質問です。例えば、評価面談の最終段階などで、目標達成への解決方法や代替案の提示をするときに使用します。選択結果を予想して誘導的に質問を使用しますが、選択については相手の自主性を尊重します。

オ 「支持のスキル」を使ってみる

会話の中で相手が自己嫌悪や不安、自己否定の態度や言い方をしている場合には、精神的にサポートをしてあげます。不安感や自信が欠如している場合は、安心して会話ができないものです。支持は相手の不安や迷いを取り除いてこちらの考えを述べる形でなされます。例えば、まだ大きな実績を上げていない新人に対して、「確かに先輩と比べるとまだ実績は低いけれど、少しずつ伸びているのだから、あなたのやり方は間違っていないと思うよ」などと相手を肯定します。

ただし、何の根拠もなく、安易な支持の連発は、「お調子者」「気休め」という印象を与えますから、注意が必要です。支持は、相手が無用な心配をしている場合や正しいと思っていても確信が持てずにいる場合に、こちらから保障をしてあげるつもりで行うことです。

カ 観察をすることも重要

会話の中では、相手は貴重なメッセージを出しているものです。相手の話のポイントをとらえるためには、観察力が欠かせません。観察に際しては、相手の言語的な要素と非言語的な要素の基本パターンや微妙な変化に気付くことが大切です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から