日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


もちろん日常生活においては、確かにこのような感じ方、考え方は大切だと思われます。しかし、常に「対等」を心掛ける相談場面においては、必ずしも適切だとは限りません。

また共感は同一化とも違います。共感とは一つになることではなくて、別の二つが全身で浸透しあった状態をさします。人が何かを選択し、行動する背景には、その人なりのワケがあります。そのワケのことを、ロジャーズは、「内的準拠枠」と呼びました。相手の内的準拠枠を理解しようとしなければ、話し合いは往々にしてすれ違いに終わります。つまり共感とは、自分の中の価値判断を押し付けて相手と一つになることではなく、自分は自分、相手は相手の内的準拠枠を二つながら大切にするということです。

そして彼は、「この態度3条件は、自分が自分をいとおしく思うという大前提がなければ決して身につかない」ともしました。

3] ポーターの5つの態度(ガイダンス)について

つぎにE.H.ポーターによる5つの態度(ガイダンス)について述べてみたいと思います。ポーターは話をきく態度は次の5つに分けられるとしました。理解を得やすくするために、子供の不登校に悩む母親に対する典型的な応答例を列挙してみました。それぞれの応答に対して感じる自分の気持ちに注目して、その違いを比較検討してみてください。

 

058-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から