日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


いかがですか。先程までは耳慣れなかった言葉が、少しは自分の方に近づいてきましたか。それではここで、この「積極的傾聴」について、いくつかの項目に分けて考えてみたいと思います。

2] 「きく」ことの種類について

実は「きく」に対応する言葉には3種類あります。すなわち「聞く(hear)」、「訊く(question)」、「聴く(listen)」の3つです。それではここで、それぞれの特徴について簡単に述べてみましょう。

 

046-1.gif

 

「聞く」は、「音が聞こえる」、「音を聞く」という意味で、単に音が耳に入るという受動的なきき方をいいます。したがって、きいた瞬間に忘れられることもあれば、きき手にとって都合の良い部分だけが記憶されるということもあります。

次に「訊く」は、「訊問する」という言葉もあるように、「こちらが訊ねたい事を問いただす」という意味です。つまり話し手にとっては、きき手の側が必要とする内容を述べさせられるといった印象が強くなります。

それに対して「聴く」は、文字の中に心という字が入っていることからも明らかなように、耳で聞いたことを心で受け止めるということです。こちらが聞きたいことではなく、「相手が何を言おうとしているのかをきちんと受け止めるようとする能動的なきき方」のことをいいます。単に話された事柄だけではなく、話されなかったこと、保留されていること、表面下に隠れていることをもきこうと努力することです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から