日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


ア コンサルテーションとは

コンサルテーションとは、医師、弁護士、経営コンサルタントといったある分野の専門家が、目の前の患者や相談者に対して、その相談の事柄のみに焦点を当てて、専門知識や科学的なデータをもとに、問題を分析し、診断し、評価して、最も適切だと思われる対処方法を提示することをいいます。

例えば、医師が目の前の患者の症状に合わせて薬を処方するように、職場で悩みを抱えている部下に対して、上司が自分の経験から「君の問題の答えはこれだよ」と即座に解決策を与えることをコンサルテーションといいます。この場合両者の関係は、明らかに上下関係にあります。こうして相談者の当面の問題は解決されるわけですが、その際に相談者は自分では何も考えず、また内なる自分は何ら変わっていません。したがって次にまた同じような問題にぶつかった時も、自分の力で解決しようとはせず、外に向かって解決策を求めるということになります。つまり、依存的、他力本願的な傾向が身につき、何度でも同じ問題を繰り返すという結果になりがちです。

さらに、このコンサルテーションを受けるには、相談者側にある程度の受け容れる用意(レディネス)が必要であると思われます。つまり、表面的には困難に陥っていても、本人自らが、その問題のありかも、それに対する解決の方向性も見えていて、その具体的解決策だけを教わりたいというときには、このコンサルテーションは極めて有効であると思われます。

しかし職場における問題は千差万別で、相談内容も多岐にわたっています。相談者が心身ともに健康で解決策だけを欲している場合は、適切な解決策を提示し問題を即座に解決に導くことが、上司に求められる最も重要なことです。しかし相談者の中には、問題が余りに大きすぎて、自分でもどうしていいか分からない、あるいは何が問題なのかが分らなくて悩んでいる人もいると思います。このような人に対して、上司が一段も二段も高い所から、「はい、あなたの答えはこれですよ」と、解決策を与えたところで、本人には何の解決にもなりません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から