日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


3 話を聴くスキルと最小限知っておきたい心理学的知識

 

ここまでカウンセリング・マインドの概要、基本的態度などを説明しました。しかし、より正しくカウンセリング・マインドを身につけるためには、その基盤となっているカウンセリング心理学や心理療法の基本についても一通り知っておく必要があります。そこで、ここではカウンセリングの心理学理論についてもふれてみます。

 

(1) 積極的傾聴法とは?

「積極的傾聴」という言葉から、あなたは何をイメージしますか?傾聴とは人の話にひたすら耳を傾けること。つまり「聴くこと以外何もしないということを、積極的にする」という、一見矛盾した二つの言葉が組み合わさっているようにも思えます。

しかし、ここでいう積極的とは、「聴くほうの人が、積極的に相手を分かろうとする働きかけを持つ」という意味があります。

このように言葉ではどうも分かりにくい時は、自分の生活レベルにおろして考えると、理解が得やすいかもしれません。そこで、実際の職場を想定しながら、まずは混同されやすいコンサルテーションとカウンセリングの違いについて考えてみたいと思います。その上で、「職場においてなぜカウンセリング・マインドが必要なのか?」、そしてそれを可能にするための「積極的傾聴法とは何なのか?」について考えてみたいと思います。

1] コンサルテーションとカウンセリングの違いについて

一般的に日本では、コンサルテーションもカウンセリングも「相談」と訳されています。その区別はあいまいで混同されて使われている事も多いようです。しかし、「職場において、なぜカウンセリング・マインドが必要か」を学ぶに当たり、その違いを明確にしておく事が大変重要になってきます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,483成果物中)

成果物アクセス数
183,704

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月15日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から