日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?@ −カウンセリング・マインドの育て方−

 事業名 カウンセリング・マインド養成研修マニュアルの作成
 団体名 公務研修協議会 注目度注目度5


カウンセラーは、相談者をあるがままに受容していくことが大切です。これはのちに無条件の肯定的態度と呼ばれるようになります。

3] 「自己理解」

カウンセラーは正確に自分を理解することが必要です。このことは、ひいては、相談者についても正確に理解していけることを意味します。カウンセラー自身の顕著な情緒的パターン、および限界や欠点について、自ら健全な理解をしていることがカウンセラーの資質なのです。これは、のちに自己一致、純粋性、真実さと呼ばれるようになります。

4] 「心理学知識」

カウンセラーには、人間の行動の理解、および人間の身体的、社会的、心理的決定要因についての基礎的な理解が必要です。ロジャーズが「心理学知識」を最初にもってこなかったことには理由があります。カウンセラーの資質が知的素養にあるのではなく、その人の自己ならびに他人に対する見方や感じ方にあることを重視しているからです。

カウンセリング・マインドという言葉は本来、ロジャーズがカウンセラーに必要な資質として取り上げた「共感的理解」「個人に対する尊重」「自己一致」をトータルした意味をもっていると考えられます。

職場でのカウンセリングに則して言えば、「理解的態度プラス支持的態度」、または「育成マインド」(個人が適応を達成することを援助すること)と説明することもできるでしょう。職場で行うカウンセリングの目的としては、ア]部下を総合的に理解(判断)するためのつっこんだ話し合いをする。イ]部下に目標を与え、意欲を持たせる。ウ]部下が変化に適応できるように援助する。エ]部下がホンネを言える場を与える。オ]問題を抱えた部下の悩みを解決する。以上の5項目が挙げられます。今のような時代ですと、ウ]の変化への適応(環境に調和できて能力を発揮できるようになること)を援助することが管理者の重要な仕事となるでしよう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
58位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
183,629

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?A −職場のストレスとメンタルヘルスを考える−
2.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?B −事例でみるメンタルヘルスへの対応−
3.カウンセリング・マインド養成研修マニュアル?C −セクシュアル・ハラスメントへの対応と研修マインド−
4.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から