日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第4章 点検整備と保守上の注意

 

4・1 作業心得

航海用レーダー等は、船舶安全法に基づく船舶設備規程及び船舶等型式承認規則に適合したものが製造され、製造された機器の一台一台については、指定検定機関による検定が行われている。したがって、工場から出荷された個々の機器は上記諸規則に適合したものであるが、最終的な性能は船舶への装備方法によって大きく左右される。このため、装備を行うに当たっては、十分な配慮と注意が必要である。

また、航海用レーダー等は、船舶の航行の安全上、欠くことのできない重要な機器であると同時に高度な電子機器でもあるので、取扱いには細心の注意を払い、作業目的や作業順序などを十分理解した上で装備点検を行わなければならない。

作業を行うに当たって心得ておくべき基本的事項を以下に列挙する。

 

4・1・1 機器の内容についての知識

作業の対象となる機器についての回路理論、回路動作、機械部分の構造については日頃からよく理解するように努めておくこと。

 

4・1・2 作業手順

作業の一部が造船所や外注工場によって施工される場合には、事前に工事区分等について詳細な打合せを行い、工事計画に基づいた作業が行われるよう、十分な指導、あるいは依頼を行うことが必要である。

 

4・1・3 機器の現状診断

作業に着手する前に、機器の配置の状態、機器の性能の状態、船舶の運航計画等を確認するとともに、レーダー日誌も点検して、問題点については、より綿密な調査を行い、現状を確認しなければならない。

 

4・1・4 故障箇所の調査

故障箇所を発見するには、まず機能の全体的な面から問題点をとらえ、次に回路系統に区分し、最後に細部に及ぶように系列的に調査を行うことが必要である。故障に至った派生的、あるいは二次的な原因にのみ対処しても、一次的な原因(本当の故障原因)を取り除くことはできない。

 

4・1・5 修理の可否の判断

手持ちの部品からその修理の可能性を判断し、部品やユニットの交換が必要な場合には、ユーザーの承認を得ること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
747位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
13,135

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から