日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(4) ケーブルのがい装は、その部分の塗料を十分落とし、送受信機の箱体のケーブルクランプなどで、確実に接地する。

万一無線機などに雑音が入るようであれば、再度ケーブルのがい装の接地を調べ直すと同時に、ケーブルの途中の何箇所かを船体に接地する。

 

3・4 電源部

3・4・1 取付方法

一般に電源部は発熱量が大きいので、装置の内外の空気の流れを阻害しない場所に設置する。

(1) 電源部の船体構造物等への取付けのため甲板・隔壁などにコーミング等を設ける場合があるが、この場合は、造船所と協議してから実施する。

(2) 取付けに当たっては、メーカーの工事用図書の指示に従う。

(3) 過電流、過電圧、極性逆転の保護装置や電源切替装置等付属装置がある場合は、メーカーの工事用図書の指示により取り付ける。

電源切替装置については、切替機構が作動することを確認しておくこと。

 

3・4・2 電線の布設

(1) 電線の布設経路は造船所から支給される電路系統図等による。

(2) 電線はメーカーの工事用図書に指示されたものとする。

(3) 高熱部や人の近づきやすい箇所では、適切な保護措置を講ずる。

(4) 電線の支持・固定間隔及び曲げ半径については、規定を順守する。

(5) 電線の貫通は、適切な電線貫通金物又はコーミングを使用し、貫通部には適切な防湿処理を施す。

(6) その他2・3・6「ケーブルの布設」を参照のこと。

 

3・4・3 接地

接地については、メーカーの工事用図書の指示に従う。特に指示のない場合は、「3・2・3表示器の接地方法」を参照のこと。

接地については専用の接地ボルトにて行う。特に回転形では、防振台で船体から絶縁されていることもあるので、安全のためにも必ず接地すること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
747位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
13,135

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から