日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


また、ガスケットに傷や接着透き間などのないことを確認後使用する。万一傷があるときは、メーカーに交換を依頼する。カバーには、落下防止のために、内部にフックがあり、ひもやチェーンが付いているが、このひもやチェーンをガスケットに引っ掛けたまま締め付け、そのため水が浸入した例がある。したがって、全体をよく見回してこのようなトラブルを起こさないよう十分注意すること。ペデスタルカバーには、ガラス繊維を基材にしたポリエステルで塗り固めた強化プラスチックにゲルコート層を塗って外観を整え、かつ、防水をとったものがある。このゲルコート層は比較的傷つきやすく、一度傷つくと、ここから雨水が浸入することがある。傷がついている場合は、ごく小さければゴム系コンパウンドで補修するが、大きいときはレーダーメーカーへ交換を依頼する。

 

3・2 表示器(指示器)

3・2・1 取付方法

表示器は、荒天航行中に観測者が寄りかかることも多いので、本体の重量を支えるのみではなく、また、同時に、振動や衝撃による加速度の影響も受けるので、船体には堅固に取り付けなければならない。

取付面は平らでひずみのないよう加工しなければならない。メーカーの指示事項に従って取り付けること。

 

3・2・2 ケーブルの配置方法

表示器へのケーブル類の配置は、メーカーによって決まっているので、その順序に従って導入すると結線が便利である。引き込みが終わったら床のコーミング穴はコンパウンドなどで埋めておくこと。空気の流通をそのままにしておくと、湿気のために電気回路の故障を誘発する。ケーブルのがい装は表示器ケースにケーブルクランプが用意されていればこれで確実に締め付けること。

小形の卓上型の表示器では、接続ケーブルは表示器の点検保守を考えて多少余らしておくこと。このとき、ケーブルが振動しないようケースなどにクランプしておくこと。また、ねずみの害や、下部からの湿気を防ぐためにケーブルの入口は、パテ等でふさぐこと。

 

3・2・3 接地方法

(1) 主として表示器の接地には、自然接地(機器取付ボルトによるもの)と専用の接地ボルトを取り付ける接地線によるものがあるが、ユニットの接地は、接地線によるものとする。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
747位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
13,086

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から