日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信講習用 船舶電気装備技術講座[装備艤装工事編](レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(4) ペデスタルのケーブルの布設は特に他の機器と同様であるが、必ず水防栓口を使用している点が多少異なる。2ユニットタイプの空中線は、特に無線雑音が多いので、ケーブルの布設には慎重を期すこと。まず、がい装付きケーブルであれば直接、又はケーブルクランプを経由して船体金属部に接地する。がい装付きケーブルであれば他のケーブルと一緒に布設しても余り問題はないが、そのときは、がい装とシールドの接地には十分注意し、完全な工事を行うこと。

がい装のないケーブルの場合(主に小形レーダー)はできる限り他のケーブルと離して布設することが望ましい。この場合でも内部に編組シールド線を持っているので接続端子板の接地端子へ接続する。

水防栓口はケーブル導入口の水防を保つと同時に、ケーブルのがい装を接地する役目もするが、接地に関しては3・9を参照して接地工事を行った方がよい。栓口に入れるところでは栓口近くでクランプし、不必要にケーブルを余らさないこと。余分なケーブルがあると長期にわたる船の振動で、ケーブルが疲労し、硬化して切断したり、切断しなくても絶縁層に亀裂を生じ、漏電の原因になったりする。栓口の締付けグランドは、専用の工具を用いて十分締め付ける。終了後油性パテを十分塗り込んでおくこと。詳細は3・9(9)〜(11)参照のこと。

(5) 導波管はケーブルと異なり、外部に電波雑音を発生しないので接地は必要ない。ペデスタルの導入口直前で、機械的な無理が掛からないようにクランプをしておく。クランプをしなかったため船の振動で亀裂が生じた例がある。レーダーマストが大きく揺れる場合には、同様に、甲板付近で導波管に亀裂を生じる。このような場合は、フレキシブル導波管を使うこともできる。フレキシブル導波管はマイクロ波伝送損は1m当たり約0.1dBであり、方形導波管とはほぼ同等であるので、必要により交換をする。挿入場所はマストの根元で甲板に移る辺りが適当である。

(6) サービスマンその他による空中線部の点検、保守のときの安全のために、ペデスタルに回転停止スイッチを設けてある場合がある。この場合はプラットホームの入口近くにこのスイッチがくるようにペデスタルを配置できれば一番よい。また、ペデスタル上でなく安全スイッチが別箱になっているレーダーでは、このスイッチ箱は、誤操作や人の安全のためにマスト甲板付近でなく、プラットホーム近辺に設置するのがよい。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
749位
(31,734成果物中)

成果物アクセス数
13,279

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年2月22日

関連する他の成果物

1.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備概論編](初級)
2.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気機器編](初級)
3.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気工学の基礎編](初級)
4.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気計算編](中級)
5.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気装備技術基準編](中級)
6.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装設計編](中級)
7.通信講習用 船舶電気装備技術講座[試験検査編](中級)
8.通信講習用 船舶電気装備技術講座[基礎理論編](レーダー)
9.通信講習用 船舶電気装備技術講座[機器保守整備編](レーダー)
10.船舶電気装備技術講座[基礎理論編](GMDSS)
11.船舶電気装備技術講座[艤装工事及び保守整備編](GMDSS)
12.船舶電気装備資格者名簿
13.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(強電用)]
14.船舶設備関係法令及び規則[資格更新研修テキスト(弱電用)]
15.通信講習用 船舶電気装備技術講座[電気艤装工事編](初級)
16.船舶電気装備技術講座[法規編](GMDSS)
17.医療機器整備に関する概要
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から