日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


各船級協会も造船用鋼材及びその溶接部に対する切欠き靱性の要求は、ある温度におけるVノッチシャルピー衝撃値で規定している。第1.9図にA級鋼及びB級鋼の0℃における吸収エネルギー値を示す。溶接部の切欠き靱性は溶接入熱と密接な関係があり、一般的にボンド部付近の粗粒域は靱性が低く、微細部は焼ならし組織に似て靱性が良好である。

第1.10図はこれを定性的に示したものである。

鋼材の衝撃試験において、吸収エネルギーが急激に低下する温度を遷移温度といい、衝撃曲線で最高最低の平均値を与える温度をエネルギー遷移温度といい、せん断破面率が50%の温度を破面率遷移温度といい、それぞれvTrE、vTrs と表わす。(第1.11図)

 

159-1.gif

第1.10図 鋼の溶接部Vシャルピー衝撃値の分布例

 

159-2.gif

第1.11図 Vシャルピー衝撃試験の遷移曲線

 

1.2.3 使用鋼材の規定

船舶は他の陸上構造物に比べ、波労による荷重の変動、動揺、振動などの複雑な外力を受ける。さらに現在の船は昔の鋲接船と異なり溶接船であり、鋼材の材質が不適当であると重大な事故の原因となるので、良質な鋼材が要求される。

造船用韻材の規格が歴史的に大きな発展をとげたのは、リベット構造から溶接構造になり始めのころ、米国で建造された戦時標準船が瞬時に破壊した事故が多数発生したからである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
470,907

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から