日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


これに対する処置としては

○この部分の船体及び船台を補強する。

○船首台車上の抱台を広くするとともに、中間に軟材を用いて、反力を広い面積に分布させる。(第6.7図)

○潮高が高いときのように、反力が大きい場合には、船尾にバラストを搭載して、船尾浮揚の起こる瞬間を遅らせる。これは浮力が増大してW-Bが小さくなるからである。

○滑走台使用の場合は、この反力を滑走台前端圧力という。

一般に反力は進水重量の1/4以下に押えるのが望ましい。

 

6.3.6 船尾沈下

船台後端の車止め装置に、船尾の台車が当っても船尾浮揚が起こらない場合には、船体のみが滑走する。この場合、重心Gの位置が船台後端を通過すると、船尾の浮力Bが進水重量Wに打ち勝てず、後端の車輪Aを軸として、第6.8図のごとく回転することがある。この現象を船尾沈下(チッピング)という。この際、点Aに浮力Bと重量Wの差が反力Rとなって作用する。この反力を固定台後端圧力という。この反力が大きいと船底を破損したり船尾を海底に突込んだり、滑走を停止したりする恐れがある。台車が押されてレールから離脱すると、この現象は著しくなる。

浮力Bが重量Wより大きければ船尾沈下は生じない。これに対する処置としては

○レールまたは固定台にキャンバーを付ける。

○水中のレール、固定台は、できるだけ長くする方が良い。

 

121-1.gif

第6.8図 船尾沈下

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
470,907

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「艤装」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から