日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


さらに、ノイズ源を特定するために最大位置付近にある機器をEMIプローブで簡易測定したところMF/HF無線装置の液晶表示器付近からノイズが発生していることがわかった。

 

以上のことから、操舵室内でIEC60945の限度値に対して電界強度が大きい周波数がいくつかあった。

その中で156MHz〜165MHzにおいてMF/HF無線装置の液晶表示器付近では限度値を超えた結果となった。ただしこの機器はIEC60945に適合したものであった。

IEC60945(測定方法はCISPR16に準拠)の基準に基づいた放射エミッション試験はオープンサイトや半電波暗室で測定しているので、床面のみ電磁波が反射する環境においての測定値である。それに対し、機器を船舶に実装した場合、ほとんどの壁面が反射する環境であるため、オープンサイトや半電波暗室で測定した結果と差異を生ずる。そのため実装した場合はその周囲の環境により、電界強度が大きく変化する場合があると考えられる。

液晶表示器以外の機器はEMIプローブによる簡易測定を行った結果、ノイズの発生を示す機器はなく操舵室内の電磁環境は比較的良好であった。

 

10-3 操舵室機器のイミュニテイ調査の結果

無線機、携帯電話を使用して機器のディスプレイへ近づけて電波を発した時、画面への影響の有無を調べた。

試験機器を機器のディスプレイの表面約5cmの距離まで近づけて試験を行なった。試験結果を表10-7に示す。

 

表10-7 試験結果

110-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
794位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
12,323

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から