日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

電磁波による舶用機器の誤作動防止に関する調査研究報告書

 事業名 電磁波による舶用機器の誤作動の防止に関する調査研究
 団体名 日本船舶品質管理協会  


108-1.gif

図10-13 Sバンドレーダーのスプリアス

 

10-2-5 考察

(10kHz〜150kHz)

中心周波数が100kHz〜110kHz、帯域幅が約20kHzのノイズが出ているが、別冊図2-9(a)及び別冊図2-9(b)これは大洗港沿岸、苫小牧港沿岸、及び航行中のいずれでも出ていた。

操舵室内ではこの現象は見られないため、暴露甲板上の機器あるいは外来電磁波の可能性があるが発生源を特定することは出来なかった。(周波数100kHzはロランCで使用している)

操舵室内において43kHz、86kHz及び128kHzの周波数が操舵室中央付近から発生している(別冊図2-24参照)。これは基本周波数43kHzとその高調波であると考えられるため、43kHzを基本周波数とする機器から発生していると思われる。ただし右舷側(図10-5のAの位置)においては、この現象は明確にはとらえられなかった。

Sバンドレーダーのスプリアスについてはメーカーで検討した結果、試験規格のスプリアスは−40dB以下となっており、この基準を満足しているとの回答であった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
794位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
12,323

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.法定船用品製造事業者のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から