日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

船の科学館ものしりシート

 事業名 基盤整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


No.17/36

 

船と魚

 

漁具は大きく分けて3つに分類できます。1]網漁具、2]釣漁具、3]カゴやツボ・モリなどの雑漁具です。また、集魚灯(しゅうぎょとう)、魚群探知機などは副漁具と称されています。

網漁具には、定置網や刺し網、落とし網のようにそれ自体は動かさず、魚が来るのを待つものと、曳網(ひきあみ)・地引き網・秋刀魚(さんま)棒受け網・巻き網のように漁具を動かして魚を網の中に入れるものとに分けられます。釣り漁具は、鰹(かつお)の一本釣り・イカ釣り・延縄(はえなわ)など網漁具に比べ、付属となる道具が多いのが特徴です。

 

1. 曳網

袋状に広げた網を曳きながら、海底及び中層の対象生物を漁獲する方法で、着底(ちゃくてい)漁具を使う底曳網と、中層・表層の魚群を獲る中層曳網があります。曳網(えいもう)中の網口(あみぐち)を深浅(しんせん)方向に移動させるための浮子(あば)を連ねたヘッドロープと、沈子(ちんし)として鉄球やチェーンと連ねたグランドロープを取り付けます。網口を左右に広げる方法としてオッターボード(網口を広げるために取り付けられた鉄の板で、一種の凧)を取り付けることなどが特徴としてあげられます。底曳網の主要な漁獲対象は、鱈(たら)、鰈(かれい)、鯛(たい)などの底棲(ていせい)類で、日周(にっしゅう)深浅移動(太陽の光の強さによって、行動する深度を変えること)する魚類や烏賊(いか)類など、低層で成群する魚種も漁獲されます。中層曳網では、鰺(あじ)、鯖(さば)、鰊(にしん)、オキアミ類など中層で濃密な群を造る種が対象となります。曳き網の特徴として、漁具の一番後ろに魚が集まるコットエンドと呼ばれる部分があり、近年においては海亀の混獲や、漁獲対象としては小さすぎる個体を獲らないために、編み目を大きくしたり網の途中にわざと外に出られるようにする箇所を設けるなどの工夫がされています。現在主流としている船は、船尾にスリップウェイ(斜路)を設け、そこにトロール船用アーチ型滑車(かっしゃ)架台(かだい)を設けたものです。従来のトロール漁船、すなわち船側トロール漁船では船側で網を操作するため、船が網の上に乗ることを避けるため常に風上側で揚げなければならなかったので、荒天の際に起こる船体の揺れが大きな支障となり、船尾から網を揚げる型式が考案されたといわれています。戦後間もなく、欧州で船尾トロール漁業が試験的に試みられ、1954年(昭和29)に建造された“フェアトライ”が本格的な船尾トロール漁船の始めです。日本では、昭和30年(1955)に建造された東京水産大学の漁業練習船“海鷹丸(うみたかまる)”(二世)に、日本で最初に船尾トロール方式が採用されました。

 

船尾トロールのようす

033-1.gif

 

033-2.gif

 

2. 延縄(はえなわ)

延縄は、幹縄(みきなわ)、枝縄(えだなわ)、浮縄(うきなわ)、釣り針、浮(う)きから構成される漁具です。一つの浮と浮の間の幹縄の長さは300メートル〜350メートル程度で、これを一鉢といいます。一鉢に取り付ける枝縄の数は、漁具の取り扱いの便宜(べんぎ)や魚群の密度等を考慮して決めますが、通常5〜6本です。枝縄、浮縄の長さは、対象魚種、漁期、漁場によって異なり、魚群の遊泳(ゆうえい)層に釣り針が配置されるように調整します。投縄は夜明け前に行われることが多く、遠洋延縄船では300〜400鉢を入れ、幹縄の全長は100kmにも及びます。餌には冷凍の秋刀魚、烏賊、室鰺(むろあじ)、鯖等が使われています。投縄終了後には少し待ち時間をとった後、揚縄(あげなわ)を開始します。揚縄は漁具や漁獲の情況に応じて船を進めながら、船首甲板に配置したラインホーラーを使って幹縄を巻き上げます。大・中型船では、枝縄処理の一部と漁獲物の取り込み以外の揚縄作業は機械化されています。また、鮪は高級魚であり、赤い鮮やかな色を保つため急速冷凍装置を採用し魚倉の温度を-45℃に保っています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
199,790

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.船の科学館パンフレット
2.船の科学館資料ガイド「青函連絡船 羊蹄丸」
3.大阪港における規制緩和を踏まえた港湾運送事業の経営基盤強化に関する調査研究報告書(要約編)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から