日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


そして心学を鎌田玄珠に学んでいます。その西谷家の八代目が淇水でした。番組小学校の創立にあたっては下京第四組の小学校開設に尽力しました。

明治五年の福沢諭吉の『京都学校記』は、京都の番組小学校や中学校などを視察した見聞録ですが、そこにはつぎのように記されています。

「京都の学校は明治二年より基を開きしものにて、目今(もっこん)、中学校と名(なづ)くるもの四所、小学校と名くるもの六十四所あり」と書きだして、市民みずからが建設した学校のなりたちとその内容を感動をこめて描いています。

「民間に学校を設けて人民を教育せんとするは、余輩(よはい)積年の宿志なりしに、今京都に来り、はじめてその実際を見るを得たるは、その悦び、恰(あたか)も故郷に帰りて知己(ちき)朋友(ほうゆう)に逢ふが如し。大凡(おおよそ)世間の人、この学校を見て感ぜざる者は、報国の心なき人といふべきなり」

この文章にも、福沢諭吉の感激があふれています。

番組小学校は町会所を核につくられますが、明倫舎は明倫小学校、修正舎は嘉楽小学校(後に中学校)、時習舎は有隣小学校の母体になっています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
20,714

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から