日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


番組(もとの名称は町組)の町会所と小学校は一体であり、まさにコミュニティスクールとしての性格が息づいていました。そして小学校には三道(筆道・算術・読書)の教員のほかに、儒学講釈講師と心学道話師が置かれ、さらに番組内の町民に対しても儒書講釈と心学道話が行なわれました。

明治三年に明治新政府は「大学規則及び中小学規則」を定めましたので、京都府もこれにしたがいましたが、翌年に京都府は独自に「小学校課業表」をつくります。しかし儒学講釈講師や心学道話師は置かれたままでした。しかし明治四年からの中学校では心学道話師は再任されませんでした。こうして心学道話師はしだいに消滅してゆきますが、明倫舎・修正舎など、講舎としての活動はつづいていました。明倫舎はさらに宝錦舎(ほうきんしゃ)を設立し、修正舎とともに、三講舎共通の心学道話の聴講券も発行されています。そして明治二十四年には心学講舎の連合会ともいうべき修斎会が結成されました。

石田梅岩先生のふるさとである、丹波亀山(明治二年から亀岡と改称)の場合はどうでしょうか。亀山藩主松平信道のころ(天明元年<一七八一>〜寛政三年<一七九一>)には、藩主は中沢道二の直門となって心学を重んじ、天明六〜七年(一七八六〜八七)ごろには、亀山の紺屋町に持養舎という心学講舎ができます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
20,759

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から