日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


心学の再生

西谷淇水は慶應三年の五月に「幼童教導の弁」を京都町奉行所に提出し、同年十二月に大学寮の復興を当局に建議、ついで慶應四年一月に人材登用の必要性を上申、同年八月には小学校の建議、さらに十月、学校建設の具体案を言上しました。慶應三年の建議には「夫(それ)学問の道と云は、難字古事を覚ゆる勤(つとめ)にあらず、唯(ただ)人と生れて人たる者の大道の要を求むるにあり」と述べられています。この建議をはじめて読んだおりに、西谷の学問の背景には心学があるのではないかと直感しました。そしてその家系を調べてみますと、やはり西谷家が心学とのかかわりをもっていることがわかりました。西谷家の初代は平野屋仁兵衛という人物で、郷里は近江国栗太郡大島村でしたが、京都の高倉通貝屋町で米屋を開きました。なくなったのは享保九年(一七二四)の十二月です。四代目の信之のおりに篤志軒を号するようになり、書道を指南し、西谷を称したと伝えられています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
20,798

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から