日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


心学と明治維新

マックス・ウエーバー、さらに恩師タルコット・パーンズの影響のもとで、『徳川時代の宗教』をまとめられたベラー先生の研究をさらに補完するためにも、この問題を掘り下げることにはそれなりの意義があります。

心学が衰退していった理由には、全国の心学講舎全体を統率しうるリーダーがでなかったことや、京都と江戸の心学講舎の対立にみいだされるような内部的要因もありました。さらに医学・蘭学などの新しい学問のひろまりと、儒教批判や仏教排斥の動きも心学に影響を与えるようになります。そしてべラー先生もいわれた権力との癒着などの理由も忘れることはできません。

しかし明治に入って、すぐさまに心学が衰退したと断言するのは必ずしも正当な評価とは思われません。そのことを京都の場合について少しばかり検討することにしましょう。京都には町人の自治による町衆の町会所の伝統があり、寛文二年(一六六二)の伊藤仁斎による古義堂の開講のような、町人の学問塾はかなり早くから存在しました。石田梅岩先生の開講よりは六十七年ばかり前のことです。また町会所には寺子屋が付設されており、孔子信仰ばかりでなく、菅原道真公の天神さんの信仰が、京の寺子屋には息づいていました。それは寺子屋に天神さんの像や掛軸をかけた例が多いのにもうかがわれます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
484位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
20,759

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から