日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


人類共生の道を歩むために

この約束を実現するため、稲盛氏は官僚による権力を抑制し、日本の国民が国民としての義務を果たすことに目覚めるよう提唱しています。その義務とは政府に対して国民の声に耳を貸すように主張することなのです。

稲盛氏は、日本の社会がオープンで責任ある態度を持てば、世界の国々とオープンで責任ある関係を築くことができるだろうと考えているのです。そのような日本は、今日他の先進国が直面している困難な問題―発展途上国における貧困や先進国によって引き起こされている環境破壊など―に立ち向かう意志がある国だと言えます。責任ある行動を呼びかける稲盛氏の声に曇りはありません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
20,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から