日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


稲盛氏が意図する民主主義は、“人民による、人民のための、人民の”政府のことで、この条件を満たすものでなければなりません。稲盛氏は日本にも民主主義の形態があることは認めていますが、官僚政治がいまだに本当の権力を握っており、様々な意味で実質的には民主主義ではないとしています。

今の日本に必要なことは第二次世界大戦の敗戦という大きな代償を払って、われわれが手にした「民主主義」というものを、本来のあるべき姿で実現させることだ。新憲法により、主権在民が宣言され、国家運営については国民によって選ばれた議員によって構成される国会を中心に三権を分立して行うことが原則とされた。こうして日本は、形の上では欧米諸国と同じような民主主義の国となった。しかし、実態は既に述べたように原則とはずいぶんかけ離れている。

主権在民とは、国民が主人公であり、国家の主権者であるという民主主義の最も基本的な原則である。憲法前文に「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである」と述べられている。しかし、この「人類普遍の原理」が形だけのものになっている。(『新しい日本 新しい経営』より)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
20,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から