日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


産業的能力が大きいからといって、先進国は使用可能な資源を独占的に、際限なく消費してしまうような身勝手な行為に走ってはならない。先進国は、その技術と知識を用いて発展途上国の近代化を支援し、そして、自国はどのようにすれば資源消費を抑え、環境負荷を低減しつつ、豊かな社会を維持していくことができるかを模索すべきである。

途上国により多くの経済資源を割り当て、先進国は抑制をというのが、国際社会におけるこれからの行動基準でなければならない。私たちは、この地球という限られた空間の中で共生しているのである。(『新しい日本 新しい経営』より)

 

今、心学から学ぶこと

こうした文章を書く稲盛氏を見ていると、石田梅岩のようなリーダーを求める人々の力になろうと努めていることがわかります。しかし稲盛氏は梅岩の領域を超えて、企業や国家などにも当てはまる現代の個人的、社会的な義務の倫理にまで発展させています。ジョージ・ソロス、ヴァーツラフ・ハヴェルなどの経済や政治の世界中のリーダーたちと声を揃え、稲盛氏はより高次な倫理観を人々に呼びかけています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
20,632

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から