日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


従来の会社組織の因習に囚われない考え方は、稲盛氏による日本史の解釈にも表れています。稲盛氏は明治維新の革新的なリーダーを讃え、特に福沢諭吉を尊敬しています。しかし明治時代だからこそ正当化された富国強兵の政策により、二十世紀初頭の危険な時代が生まれたことに対しては遺憾の意を表しています。同様に稲盛氏は、日本が精力的に戦後の復興を成し遂げたことを讃える一方で、一九七〇年代から八○年代にかけての“エコノミック・アニマル”ぶりを批判し、それが一九九〇年以降の問題を引き起こす原因になったとしています(『新しい日本 新しい経営』)。

もっとドラスティックに言うと、稲盛氏は日本という国がもつ強さや気高さを信じており、それ故に現在の日本のあり方を批判し、価値観の転換を叫んでいるのです。

 

システムを転換するには、われわれの身にしみついた価値観も変えなければならない。稲作農耕型の「和をもって尊しとなす」価値観、つまり自分の集団内部の閉鎖的な秩序維持や自分たちの利益になることにしか関心を持てない「ムラ」社会の論理に決別しなければならない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
20,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から