日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


特別な宗教などとは関係なく、天と人間とを敬い求める西郷隆盛の普遍的な愛の宣言に、稲盛氏は特に惹かれたのかもしれません。

新しい会社をつくるにあたり、稲盛氏はそれまで自分が勤めていた会社に存在した官僚的な縦割りの組織を採用しませんでした。その代わりに必要に応じて組織を即席でつくる方法を採り、常に従業員を責任ある“協働者”と見なし、そのように彼らと接したのです。これは後に稲盛氏が“アメーバ・システム”と呼ぶ組織へと発展していきました。

 

京セラが成長を続け組織が拡大する中で、私は大きな組織を小さな組織(細胞)に分割して、無駄のない経営をしなければならないと思った。…このような観点から私が考え出した経営手法がアメーバ経営である。一つひとつの組織が、環境に応じて姿を変え、自己増殖することから、アメーバと呼ぶ。アメーバは社内間で互いに売買をし、あたかも一つの中小企業であるかのように活動する。…末端の社員一人一人までが自分のアメーバの経営目標を把握し、それぞれの立場で業績向上に努力を払うというような、全員参加の経営を実現する。アメーバ経営は、これらのことを目的としている。

(『敬天愛人』より)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
20,798

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から