日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


稲盛氏の家は貧しく、学校に行くことには常に困難がつきまといました。十三歳のときに結核にかかり、安静にしていなければいけなかった経験を稲盛氏は回想しています(『新しい日本 新しい経営』)。稲盛氏はまた大学を卒業するにあたって、多くの企業に面接で断られて自暴自棄になった経験についても語っています。一九五五年当時、日本経済はまだ低迷していたのです。稲盛氏はそのときやくざになろうかとさえ考えたそうです。「不公平と不平等が横行する堅気の世界よりも、義理と人情に満ちた仁侠の世界のほうがずっと人間らしいのではないか」と感じたとのことです。自分ほどのエネルギーと情熱があれば、かなりのやくざになれたのではないかとも思ったそうです。しかし強い倫理観を人格の根幹にもつ稲盛氏が、やくざになることはありえなかったようです(『敬天愛人』)。

一九五九年、稲盛氏はご自分の人柄と倫理観を基盤として、京都セラミック株式会社を創立しました。九州から出てきた自分自身を稲盛氏は「田舎者」(『成功への情熱』)であると思ったそうですが、同じく薩摩出身の偉大な反逆者である西郷隆盛の言葉「天を敬い、人を愛する」(敬天愛人)を自分の会社の社是にしたのはそんな背景だったのでしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
20,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から