日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


しかし、それ以降の世代の人々はすべてにおいて参加率が低く、そのままで推移しています。パットナムの分析の中に注目に値する項目がもう一つあり、世代間でオーバーラップしているのが、テレビの視聴時間です。一人当たりのテレビ視聴時間は、ほとんどすべての社会活動への参加率が減った全期間を通して増えています。また世代が下がるにつれて視聴時間が長くなっているのも明らかです。しかしこれらの相関関係は一様ではなく、非常に細分化されています。テレビ視聴時間が長い人々は、すべての世代において政治、市民生活、カジュアル、宗教などの活動に参加する率が低いのですが、もっと詳しく見てみると、テレビの視聴がすべての活動不参加につながるというわけではないことがわかります。ローカルニュースを見ている人々(全国ニュースは現在では高齢者の視聴者が多い)に比べ、教育番組を見ている人々は社会参加の低下と相関関係にありません。ちなみに新聞を読む人々と社会参加率の高さは相関関係にあります。社会参加と反比例の関係にあるテレビ番組で最も典型的なのはエンターテインメントであり、テレビを見るためのテレビ番組、つまり何か面白いものを探してチャンネルを次々と変えるテレビの見方だと言えます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(32,376成果物中)

成果物アクセス数
21,594

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年6月27日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から