日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


今求められているのは、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、そして日本の過去から学んだ方法や手段を使って、日本人が自ら開発した新しい思考や感覚を試す、創造性のある実験です。奇妙に思われるかもしれませんが、徳川時代の中期は心学運動も含めて開放性と実験主義にあふれていました。これをそのままそっくりコピーするというわけではありませんが、創造的な発明に刺激を与えるものとして利用できる一つの例と言えるでしょう。

しかし、日本は活力ある創造性をもっているにもかかわらず、外部の者は今日の日本に対して、意気消沈して世界の中の自分の役割に確信がもてず、再び自信を取り戻すために内向きに自国の歴史を重視し、国体などの古い象徴へ回帰しようとしている国という印象をもっています。徳川時代の中期は鎖国の真っ只中にあったにもかかわらず、開国主義の雰囲気がありました。しかし今日の日本は開国の真っ只中にあるにもかかわらず、鎖国主義の雰囲気が見受けられます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
481位
(31,629成果物中)

成果物アクセス数
21,109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年1月18日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から