日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


解決のモデルはない

個人主義の行き過ぎはアメリカ人にとって弊害をもたらしていますが、日本人はその個人主義が十分ではないので、もっと個人主義が必要だということが言えるかもしれません。私は日本人の集団への忠実さとアメリカ人の個人主義の間の完全な中間を発見できれば、本当にいい社会が実現できると考えてきました。しかし残念ながら、個人主義は望んだ量になるまでスイッチを押し続け、適正量になったところでそれを止められるというようなものではありません。かつてアメリカにもあった強力な倫理的背景、地域への義務感に根ざしていなければ、個人主義はあらゆる形の社会的関係と文化的意味を蝕(むしば)んでいくでしょう。ですから、日本人が健全な形でもっと個人主義的になるには、こうした変化のための倫理と社会的背景を注意深く考察する必要があります。これは故小渕首相の懇談会がほとんど目を向けなかった側面です。

つまり、すべての発展した近代社会にあるように、もし日本社会に問題があるとすれば、その解決のために採用できる外国のモデルはありません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
20,632

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から