日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

心学が拓く二十一世紀の日本

 事業名 心学開講270年記念シンポジウムの開催
 団体名 心学参前舎 注目度注目度4


目的と手段を取り違える近代化の危険性

日本もアメリカも近代化の結果生じた、しかもどの近代社会もまだ解決したことのない問題に直面しています。日本にもアメリカにもこの解決策は簡単に見つかりません。両国の社会は国家の意味、あるいはその意味の欠如の問題に取り組みながら、ともに経済成長を追求してきました。しかし、近代化そのものの基本的な前提が何かということを考えなければ、そして特に、いい社会を達成するための手段である経済成長を目的と勘違いしてしまう傾向、すなわち他のすべてのものを犠牲にしても達成すべき目的だと考えてしまう傾向を問題にしなければ、私たちは問題解決の最初の一歩も踏み出せないでしょう。

すでにお話ししましたように、『徳川時代の宗教』の中で、富と力の絶え間ない蓄積そのものはいいことであると仮定して、私は近代化の理論で道をそれてしまいました。また、他の意見の抑制を受けない富と力の蓄積からは、いい社会は生まれないどころか、むしろ発展しうるどの社会にも必要な条件を害してしまうことに気づきませんでした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
482位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
20,846

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.シンポジウム案内
2.シンポジウム次第
3.シンポジウムレジメパンフレット
4.「心のまなび」第25号
5.写真記録(丹の街NO.47)
6.能装束、唐織写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から